あくろのあくろばっと( ..)φ

ポケモンダブル勢のテキトーな記事

パーティまとめ【ブログトップ】

f:id:akurobut0919:20160927055727p:plain
↑サムネ用

数少ない上に更新全然してないですがメモ程度に


〈ダブル〉

第7回どりおふ
f:id:akurobut0919:20151001225933p:plainf:id:akurobut0919:20151001225953p:plainf:id:akurobut0919:20151001225557p:plainf:id:akurobut0919:20151001230008p:plainf:id:akurobut0919:20151001230037p:plainf:id:akurobut0919:20151001230050p:plain
http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2015/08/27/231612 (オフレポのみ)


第8回どりおふ
f:id:akurobut0919:20151105205215p:plainf:id:akurobut0919:20151105205015p:plainf:id:akurobut0919:20151105204850p:plainf:id:akurobut0919:20151105204908p:plainf:id:akurobut0919:20151105204728p:plainf:id:akurobut0919:20151001232354p:plain
エルレのみの考察→ http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2015/11/05/210851



PCL(2015)
f:id:akurobut0919:20150610231326p:plainf:id:akurobut0919:20150725202910p:plainf:id:akurobut0919:20150610231438p:plainf:id:akurobut0919:20150610231427p:plainf:id:akurobut0919:20150725202917p:plainf:id:akurobut0919:20151001230601p:plainhttp://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2015/07/25/204049


JC(2015)
f:id:akurobut0919:20151001230919p:plainf:id:akurobut0919:20151001230951p:plainf:id:akurobut0919:20151001231003p:plainf:id:akurobut0919:20151001231025p:plainf:id:akurobut0919:20150725202910p:plainf:id:akurobut0919:20150610231438p:plain

f:id:akurobut0919:20151001225557p:plainf:id:akurobut0919:20151001231317p:plainf:id:akurobut0919:20151001225953p:plainf:id:akurobut0919:20151001231336p:plainf:id:akurobut0919:20151001231348p:plainf:id:akurobut0919:20151001231400p:plain
http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2015/05/04/235017 (詳細無し)


(2016)
f:id:akurobut0919:20160519003228p:plainf:id:akurobut0919:20160519003147p:plainf:id:akurobut0919:20151001231003p:plainf:id:akurobut0919:20160519003323p:plainf:id:akurobut0919:20151001230008p:plainf:id:akurobut0919:20160519003239p:plain
http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2016/05/07/135059 (詳細なし)


http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2016/08/01/023136 (個体別詳細無し)



〈シングル〉

真皇杯2016北海道予選
f:id:akurobut0919:20160519003155p:plainf:id:akurobut0919:20160519003423p:plainf:id:akurobut0919:20151105204850p:plainf:id:akurobut0919:20151001232354p:plainf:id:akurobut0919:20160519003507p:plainf:id:akurobut0919:20160519003534p:plain
http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2016/02/27/222633 (ベスト16)

第1回ぽわおふ

http://akurotombut0919.hatenablog.jp/entry/2016/07/10/123711

【ポケカ】 CL京都6-3 ボルケニオンプテラ

こんばんは、あくろです。

 

f:id:akurobut0919:20190415083555j:image

フウロ可愛い

 

京都行ってきました。ポケカしに。マジで馬鹿。

京都自体のオフレポは多分興味ないと思うので今回CL京都で使ったデッキについてそれなりに細かく書こうと思います。2次募集から1週間ちょっとの短い期間で考えた割にまあまあな成績を残せたので一人50~100回くらい見てくれると嬉しいです。

 

 

デッキ↓

f:id:akurobut0919:20190414223723j:image

デッキコード→gLgnLN-0pg8nK-H6n6LP

フウロのスリーブ買ったかいがあった。映る。

 

 

【経緯】

簡単にボルケニオンプテラを選んだ理由を書きます。

まずプテラを選んだ理由です。シティすら出たことないので初めての大型大会ということであまり尖ったデッキは持っていかず無難に勝てるデッキを持っていこうと思い、最初はタッグチームのどれか、または慣れてるウルネクのどちらかで考えてました。

しかし、いざ考えてみると↓

《タッグチーム》

・ミラーが多い(構築力で負ける)…✕

・メタられやすい(フーパとか)…✕

・非GXにサイドレースで勝てない…△

 

《ウルネク》

・使い慣れてる…〇

・ゾロジュゴンにハッキリと不利をとる…△

・数戦中どっかで致命的な下振れを起こす…✕

 

などとデメリットの方が多く、この2つは使うことをやめました。  

他に使い慣れてるのがルガゾロ(→ゾロジュゴンにする予定だった)、プテラくらいしか無く、ゾロジュゴンは煮詰めるには期間が短すぎるという理由で✕。結果どっかのシティでも結果を残しており、それなりに扱え、サイドレースに強く、1進化GXまでなら鉢巻で圏内にできるプテラを持っていくことにしました。

 

次にプテラの相方決め。そもそもTier1,2辺りとのマッチを考えながら見ていく(一個一個見たけど割愛)と、デッキに欲しい要素として

・HP120以上の種(対ジラサン)

・エネ加速

・対ギラティナ

バリヤード

・リセットスタンプ対策

辺りが挙がりました。

ここで上から2つを見てパッと思いついたのがHP120で後攻の時もエネ加速で捲れるボルケニオンでした。1進化デッキの後攻は基本的にめちゃくちゃ弱いのでこの選択は正しかったと思います。今回は当たらなかったもののジラサンに対してもボルケニオンの存在だけでもかなり有利に立ち回れると思います。

次に対ギラティナ。これはこっちは一発で倒されず、相手はワンパンできるフーパに一任しました。基本的にタンカ込でフーパを使い回すことでワンパンするためにウルネクやギラガブを呼べるのでサイドレースでも有利になりやすいです。

バリヤードはタッグチームを相手にする時に必要不可欠なパーツでした。今回に至ってはラフレシアもそう多くないと思っており、隠密フード入ってるタイプはほぼ切ってましたが、多分サナニンフ単とかには入ってるのでそことのマッチはほぼ負けです。

そして最後のリセットスタンプ対策。大体のデッキに入ってそうなカードだったのでここが1番考えました。まず、デッキ面ではこの枠に当たるカードはジラーチ、ポケギア、巨大なカマドになります。プレイングとしては後半余分にジラーチを残しておく、無駄にポケギアを使わない、先に炎エネをデッキから切らす、といったところです。リセットスタンプ後に1番引きたくないカードはエネルギーなので、どのマッチだろうが早々にデッキから失くすことを目的としました。また、炎の結晶もできる限り手札のエネが使い切れる状態で使うようにしました。今回で分かりましたがリセットスタンプは割とどうにかなりますね。

 

こうして所謂炎プテラ的なのが出来上がりました。めっちゃ簡単にまとめちゃったので何か質問あればTwitterで。

 

以下対戦レポ。

 

 

 

【対戦レポート】

1戦目 vsピカゼク 先 0-6 ✕

先攻取ってよっしゃと思ったものの、サポートが手札になく、いざネストで山を触ってみるとジラーチ×3が丸々サイド落ちしていることが発覚し、その上ポケギア×2でもグズマしかサポートが使えず、全くプテラが立たずに負けました。下振れは置いといてピカゼクの後一フルドライブ法律で禁止しませんか。あれ強い。

 

1試合目終わった後の俺↓f:id:akurobut0919:20190415025437j:image

病んでて草

 

2戦目 vsレシリザ 後 2-0 〇

先一カキをレシリザにつけられたものの、無難にジラーチからスタートでき、何やかんやで1T目に化石×2、メタモンまで用意でき、フレアスターターも使うことができた。殴り続ける体勢が整ったため、バリヤードだけ出しながら化石の牙を撃つだけの試合でした。元々のプラン通りではあるものの、有利マッチとは言えないのでだいぶ精神削られました。ヤドキングとか入れるのは視野かもしれません。

 

ここで東京ばなな回避。

 

3戦目 vsピカゼク 先 0-6 ✕

法律の制定が間に合わないまま不安が残る中ピカゼク相手に初手フーパのみのスタート。

俺「フーパにエネ貼ります。ターン終了で。」

相手「フルドライブ」

俺「対戦ありがとうございました…」

完全にトラウマになったので当分ピカゼクは見たくもないですね。

 

この時点で既にドロップリーチがかかって内心ハラハラでした。

 

4戦目 vsゾロジュゴン 後 2-0 〇

ジュゴンには不利なものの、化石×3、メタモンまで出してプテラを無理やり立て、鉢巻込でゾロとペルシアンをひたすら殴り続けました。原野入りはこっちもワンパンされるので普通にキツイですね。とはいえ、対ゾロはそれなりに有利マッチだと思ってたので一旦ここで気が休まりました。

 

5戦目 vsゾロジュゴン 先 4-0 〇

また同じくゾロジュゴンですが、先攻取っちゃえばジュゴン気にしなくていいので先攻取れた時点で勝ちくらいに考えてました。また、原野入ってないタイプだったらしいのでデッキタイプの時点でかなり有利だったと思います。

 

ここで負け越し回避。ポケサー員からの煽りも回避出来ました。

 

6戦目 vsウルネク 先 4-0 〇

有利マッチ+先攻で勝ちを確信。前にギラティナを必死に出してくるものの、こっちのフーパがワンパン出来なくて仕方なくウルネクを呼んだり、穴抜けグズマでひたすらイカを狩ったりして普通に勝ち。化石の良いところは滅亡圏内入りそうだったら自分でトラッシュできるところですよね。今回あんま関係なかったけど。

 

7戦目 vsエルフーン 後 4-0 〇

対戦中に「嫌だ!!」ってゴネてました。本当に嫌だったんですけど一回だけエルフーンに突入し、コイントスで裏が出てくれたのですんなりワンパン。あとはエルフーン以外を上手く狩って終わり。裏出てなかったらワンチャン負けまであったので上振れ発揮してくれて助かりました。

 

ついでにここでがま口ダメカンケースも当たってめっちゃ上振れ発動しました。応援???に来てくれたはげがブチ切れてました。それを見て俺はめちゃくちゃ笑ってました。

 

8戦目 vsギラガブ 先 4-0 〇

やっと本日初のギラガブ。と言ってもウルネクの時と基本同じ感じで勝ち。超軸相手にする時のフーパがマジで強い。

 

なんか知らんけど8戦で終わりだと思ってたら9ラウンド目って言われてLemonの合いの手みたいな声出た。

f:id:akurobut0919:20190415032351j:image

めっちゃぬか喜びしてるのおもろい

 

9戦目 vsレシリザ 後 0-4 ✕

ここで2回目のレシリザ。先一カキはされなかったものの、サイドにメタモンが落ちており、こっちが上手くプテラを立てられずに殴り続けられて負けました。このマッチはやはりもう少し厚く見るべきでした。予想以上にレシリザが多かった。

 

ここで3敗したので強制ドロップ。最終的な結果は6-3となりました。完走出来なかったのは本当に悔しかったしエスケープボードも欲しかったですが、初戦負けして8-2の知り合いが抜けれてないので1-2を踏んでしまった自分は多分尚更ダメでしたね。1-2からここまで巻き返せただけ自分を褒めたいと思います。

 

 

 

【反省点】

デッキとしての反省点としてまず、レシリザをもう少し厚く見たいので穴抜け→ヤドキングはほぼ確定。また、ジラーチスタート以外があまり安定していると言えないのでジラーチは4でもいいかもしれません。抜くカード含め、ここら辺は調整が必要ですね。

プレイングとしては特に大きなプレミも無く、プレイスピードも8戦目はかなり慎重になりましたが他は5分以上残して終わりました。シンプルなプレイングしか要求されないアグロに近いデッキタイプだったのが特に大きかったです。

 

f:id:akurobut0919:20190415083521j:image

 

CL京都楽しかったのでjcsもエントリー頑張りますᕙ( ˙-˙ )ᕗ

 

 

では、

 

【ポケカ】 ウルネクバレット

 

こんばんは、あくろです。

 

トレーナーズリーグ、CL千葉(サイドイベント)とかで使ってたデッキです。割と長い期間使って煮詰めたものでもあったのでメモ。

 

f:id:akurobut0919:20190218012712p:image

コード:MEpMXy-OBpdOd-UyS3yX

 

【経緯】

強い構築が握りたい→ジラーチ信者なのでジラーチが使いたい→ジラサンorウルネク→パーツ揃ってるしウルネクっていう経緯のもと、メタりたいデッキタイプにピン刺しで対応していったらバレットになりました。

 

メタのためのピン刺しの対応先↓

・ミミゲン→サナニンフ

ミュウツー→エビサワカポ、フーパ

ソーナンス→ピカゼク、エビサワカポ、メタモン見て出すかはその時の状況によって

ギラティナ→サナニンフ、リザ、その他非GX

・かみつかい→メルカリ鋼

 

各メタ先の理由としてウルネクが苦手なのがサナニンフ、エビサワカポなのでここを真っ先にメタりました。サナニンフは正直ミミゲン、ギラティナで見る以外思いつかず、エビサワカポはソーナンスを置きながらミュウツーで超吸収を撃ち続けることにしました。ピカゼクは別に不利マッチでもないのでソーナンス+ワンダーラビリンスでテンポロスを誘うくらいしか考えてません。普段は初動安定させるためにテテフはほぼ出すのですがこのマッチはできる限り出したくないですね。

 

また対ルガゾロですが無人発電所がめちゃくちゃキツイと思ったので数少ないだろうと思い、メタは切りました。プレイングについてはマニュの悪の戒めでウルネクがワンパンされないラインの意識と、もし原野貼ってくれるなら超エネ×2フォトンゲイザー+敗れた扉でルガルガンが落ちるこのラインを常に頭に入れておくことくらいです。これもワンダーラビリンス貼れば入っていれば原野貼ってくれると思うので上手く利用します。

 

ちょくちょく言ってるワンダーラビリンスは特にこれと決めずウルネクで戦える時には出していった他、トキワで割る前提でテンポロスに使ったりしました。

 

他はサーチ系統が少ない分、ジラーチ×3、テテフ×2で補う感じくらい。特に初動の安定がウルネクは最重要なので負け筋になるとしてもテテフ→リーリエのムーブは大体やるようにしてます。

 

かみつかいはめちゃくちゃ便利でした。2枚以上刺すカードじゃないのは分かってるけど刺したい。

 

 

 

【反省点】

メタ張ってるとこ以外には戦えていたものの、それ以外にはかなり甘い部分があり(メジャーなとこでクワガノン、ルガゾロ)、今後の環境によってはここまで手を伸ばす必要があると感じたのと、メタを張るカードを変えることも視野に入れていくことが今後は重要だと思いました。パッと思いつくところで例えばクワガノン、エビサワカポをダブルブレイズのミュウで見たり、ルガゾロ、ラフレシアを隠密フードで見るなどです。CLは本戦には出られなかったもののこういうアイデアを貰える場になったので行って正解でした。疲れたけど。

 

また、プレイングについてはマーイーカの立てる枚数をもう少し考えながら動く必要があると感じました。使わないサイコリチャージがあるくらいなら次のエースを育てたり、テテフを置くように空けておいたりした方が明らかに戦いやすいのでここが最も大きな反省点でした。サイドの取り方は慣れもあったので問題なかったです。

 

 

上記の通り、また弄ってしばらく使います。

モチベ上がったので4月どっかのリーグ出たいですね。

 

 

では、

 

 

 

【ポケカ】 1月新弾バトル使用 ルガゾロ(ゲコゾロ)

こんばんは、あくろです。

 

なんと無料記事です

これまたメモで

 

f:id:akurobut0919:20190202022426p:image

 

【経緯】

先月とは打って変わって特にどこに強いとかではなく単純にルガゾロが使ってみたかった+ナイトユニゾンで使いたいポケモンがいなかったの2つに加えてゾロならタッグチームとかを取引の餌に出来るので相性もいい(?)と思い、使用。タッグチームはサナニンフ一回ゲコゾロ2回で使いましたが後述する理由で体力の多いサナニンフの方がいいと思います。どうせピンポイントでしか使わないですし。

 

何が多いかを考えた時に真っ先に出てきたのはまずキュレムモルフォン、サナニンフ辺りだったのでここら辺を上手くメタりながら構築を組みました。

まず対キュレムポケモン入れ替え×2と元から入っていたグズマアセロラで対応。プレイングとしてはマーシャドーアゴ、ゾロでヌオーのどちらかを倒しラインを一つ壊すことでキュレムが動けないようにしました。不意の闘ヌオーが怖かったのでできる限りウパー優先。大体相手がせせらぎを貼ってくれるのでこっちもルガGXを立てやすかったのもあって有利でした。

モルフォンは先行ならエネのついたコンパンを2T目で落としてそのまま有利取って勝ちですが後攻の場合はゲコゾロを一旦前に出すことをまず考えました。理由として単純にキョウ込み忍びの極意を耐えられるためです。その後アセロラから後ろを出し、マニュ辺りで一旦殴ってライオット圏内に入れるまでが理想ムーブです。

対サナニンフは相手のベンチが特に揃わないならライオット×2+ククイで落とす以外無いです。3,4Tかけて全力でパーツを揃えに行きます。

他はピカゼク意識でデカグース、何かと使えるニューラマニューラを入れたくらいです。

 

 

【反省点】

正直、特になし。

強いて言えば新弾のカードをもう少し活躍させてあげられるデッキを組みたかったくらいですが、しっかりメタが刺さったので結果よかったと思います。戦績で見ても優勝、2位、2位とかだったので今月はかなり上手くいったと言えると思います。来月も一回はしっかり優勝したいですね。

 

 

何か質問あればTwitterとかでどうぞ

 

では、

2019 冬アニメ op・ed・挿入歌 ランク (1/29更新) 【アニソンまとめ】

f:id:akurobut0919:20190128170718p:image

 

タイトル通り。

抜けてたり間違ったりしてるのあったら教えてください。

 

※個人差あります

※同じランクの中だと上の方が好き

※見方は 曲名(アニメ)

 

 

【SS】
・ハグルマ (からくりサーカス)

 

【S】
Sign (五等分の花嫁)
・エガオノカナタ (エガオノダイカ)
・ピアス (FAIRY TAIL ファイナルシリーズ)

 

【A+】
・RISE (盾の勇者の成り上がり)
・1% (不機嫌なモノノケ庵 續)
・夕立ち (からくりサーカス)
・REBEL FLAG (魔法少女特殊戦あすか)
・センチメンタルクライシス (かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~)
・メモセピア (モブサイコ 100 Ⅱ)
・火炎 (どろろ)
・Wonder Caravan! (えんどろ〜!)
・forget-me-not (ソードアート・オンライン アリシゼーション)
・君のとなり わたしの場所 (同居人はひざ、時々、頭のうえ。)
・KEMURIKUSA (ケムリクサ)
・ソラノネ (荒野のコトブキ飛行隊)
・shadowgraph (ブギーポップは笑わない)
・Touch off (約束のネバーランド)
・KODO (魔法少女特殊戦あすか)

 

【A】
・DOWN BY LAW (FAIRY TAIL ファイナルシリーズ)
・閃きハートビート (上野さんは不器用)
・えんどろ〜る! (えんどろ〜!)
・チカっとチカ千花っ♡ (かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~)
・カーテンコール (revisions リヴィジョンズ)
・99.9 (モブサイコ 100 Ⅱ)
・ロングタイムトラベラー (不機嫌なモノノケ庵 續)
・英雄の詩篇 (グリムノーツ The Animation)
・Jumpin' (BanG Dream! 2nd Season)
・カワキヲアメク (ドメスティックな彼女)
AlegriA (賭ケグルイ✕✕)
・I swear (デート・ア・ライブⅢ)
・Endless Notes (グリムノーツ The Animation)
・終わらない歌 (とある魔術の禁書目録Ⅲ)
・わがまま (ドメスティックな彼女)
・きみの名前 (盾の勇者の成り上がり)

 

【B+】
・コノユビトマレ (賭ケグルイ✕✕)
・Wonderland Girl (バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜)
・アンノウンワールド (同居人はひざ、時々、頭のうえ。)
・Whiteout (ブギーポップは笑わない)
・Break the Blue!! (ガーリー・エアフォース)

 

【B】
・Be the NAKED (火ノ丸相撲)
・ラブ・ドラマティック feat.伊原六花 (かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~)
・さよならごっこ (どろろ)
・Colorful☆Wing (ガーリー・エアフォース)
・リトルソルジャー (転生したらスライムだった件)
キズナミュージック♪ (BanG Dream! 2nd Season)
・この世界に花束を (エガオノダイカ)
・ワガママで誤魔化さないで (revisions リヴィジョンズ)
・メグルモノ (転生したらスライムだった件)
・乗ってけ!じゃぱりビート (けものフレンズ2)
・翼を持つ者たち (荒野のコトブキ飛行隊)
・破顔 (3D彼女 リアルガール 第2シーズン)

 

【C】
・RESISTER (ソードアート・オンライン アリシゼーション)
・絶体絶命 (約束のネバーランド)
・気ままな天使たち (私に天使が舞い降りた!)
・シャボン (バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜)
・Believe in Sky (ぱすてるメモリーズ)
・神様はきっと (W'z)
・はじまりの場所(ピアノの森 第2シリーズ)
・ハッピー・ハッピー・フレンズ (私に天使が舞い降りた!)
・Here we go! (Dimensionハイスクール)
・五等分の気持ち (五等分の花嫁)
・月灯りの狂詩曲 (明治東亰恋伽)
・光と影の時結ぶ (B-PROJECT~絶頂*エモーション~)
・マイペース・サイエンス (上野さんは不器用)
・Last Promise (デート・ア・ライブⅢ)
・二人なら (3D彼女 リアルガール 第2シーズン)

 

【D】
・絶頂*エモーション (B-PROJECT~絶頂*エモーション~)
・The Beautiful Brave (聖闘士星矢 セインティア翔)
・夢に酔わされて (臨死 !!江古田ちゃん)
・フライングベイビーズ (フライングベイビーズ)
・Innocent Notes (グリムノーツ The Animation)


【E】
・Reason (W'z)

 

【他】
・カラフルパサージュ (雨色ココア side G) (短いのでフル聞いてから改めてつけます)

【ポケカ】 12月新弾バトル使用 スワッププテラ

とりまあけましておめでとうございます。

ことよろでございます。

 

 

完全にメモ

いつもの余談とか全く無し

 

f:id:akurobut0919:20190102043539p:image

 

【経緯】

ルール上タッグボルトのタッグチームGXを1枚か非GXを4枚入れる必要があり、大体の人がデッキがあまり制限されないタッグチームを入れると考え、サイドレースで有利に立てる非GXを使いたいと思い、プテラを軸に選択。しかし一発では倒せないので取り巻きにダメージをばらまく回転飛行コケコとベンチに逃げられても逃がさないように+コケコと相性の良いマジカルスワップのテテフを採用。

また、プテラは化石から進化する必要があり、メタモンを経由しなければネストで種を用意することが出来ず、その上テテフGXをベンチに置くことが出来ないため化石・ドロソのサーチ諸々を行えるジラーチも採用。他にはエネ加速としてカラマネロを2組、ミストレからついでに持ってこれるマーシャドー、対サンダーを考えてスワップとも相性の良いギラティナまで。

トレーナーズは特に変わった採用はなく、エネも二子玉を考えると要求枚数が少ないのでこれで丁度良かった。

 

 

【反省点】

・戒めの祠は純粋に便利なので+1入れたい。スタジアム2というのも不安。

・鉢巻を巻こうが大して相手にできる範囲が変わらなかったのでむしろ対サンダーなどを考えてムキムキダンベルとかで160の大台を超えられるHPを持っておく方がいい気がした。

ギラティナの採用理由が対サンダーだったものの結局サンダーも後ろにプテラを用意しながら前のプテラで殴るみたいな対処しかしなかったのでギラティナはいらなかった。何にするかは特にピンとくるものがないが種をこれ以上 減らすとマーシャドー単騎スタートが増えるのも問題なのでもう1枚ジラーチとかでもいいと思う。幸いハイボミストレで6枠捨てれるカードがあるのでジラーチでありではあるが少し考えたい枠。

・デッキ関係なく知識が不足していた。まだ復帰して1ヶ月くらいしか経っておらずメジャー所しか押さえていなかったため変わったデッキ(ブースターマグカルゴとか)に当たった時勝ちプランがイマイチ定まらずその場その場での対処しか出来なかった。全てのデッキタイプをメタるのは無理であるものの、たかが十数戦しか回せていないためもう少し回して臨機応変に対応できるよう、慣れるべきだった。

 

一応1回であったものの優勝出来た+他でも勝率は悪くない感じだったのでスペック自体はかなり高いと思います。

f:id:akurobut0919:20190102042922j:image

何か質問あれば適当にどうぞ。

 

 

では、

 

 

電気玉投げつけるハッサムの話 【シングル】

こんばんは、あくろです。

 

 

更新が早いというかINCの記事で学祭のこと書き忘れてたの気づいたので軽く触れながら使ったポケモン書きたいなと思いまして。

 

とりあえず学祭改めてお疲れ様でした。ゲームの方はあまり人が来ませんでしたがカードの方はうじゃうじゃ来ました。うじゃうじゃって言うとあれですが来てくださった皆さん本当にありがとうございます。お陰様で楽しい学祭になりました。

 

個人的な話だと2年前くらいにポケカやってた時ジムバトルとかでお世話になった人数人に未だに覚えてもらえていたのが嬉しかったです。失礼な話俺の方は全然覚えてなかったのですが学祭でポケカ触ってめちゃくちゃ復帰したくなりました。とりあえずライバルズは未練ありながらも引退するくらいにはなりました。ポケカの品薄馬鹿にしてましたがいざ消費者となるとどこにもパックが売ってないというのはかなり不便ですね。早く解消してほしいですがそれどころかプレミアムトレーナーボックス(テテフとかが入ってる?)とかでさらに格差を作ろうとしているのはどういう考えなのかどうもわからないですね。まあおそらくシャドバ然りカードゲームの運営って頭悪くなきゃ採用されないとかが一部にあるんでしょう。

 

 

それでは以下ハッサムの話。学祭のジムバトル

http://uupoke.hatenablog.com/entry/2018/11/04/170406

で使う予定だったやつです。ダブルレートでマウント取りに行ったせいで挑戦者来ませんでしたが鋼タイプを担当しました。

 

f:id:akurobut0919:20181206142015p:image※画像はめざ電のときの使い回し

↑色違いは通常色よりも電気玉投げるぞって感じしますね。読まれるかもしれないので電気玉を投げる時は通常色をお勧めします。

 

@電気玉*テクニシャン

生意気H236B36D236(S0)

バレパン、蜻蛉、投げつける、光の壁

→起点作りで考えてたハッサムです。調整はH実数値175の陽気ガブの炎牙耐えで余りDです。Dのラインとして軽く意識していたのは臆病コケコのフィールド込10万Zを高乱で耐え。C特化レヒレのドロポンZ+壁込みドロポンを高乱耐え辺りです。A方面は振ってないと確か大体マンムーをバレパンで確2とか蜻蛉でバンギに半分くらい入るくらいだったと思います。鋼統一に出てくるかは怪しいですが参考までに。理想はガブランドを誘って投げつける→壁→蜻蛉までできれば最高ですが大体は投げつける→壁or蜻蛉までができればいいです。蜻蛉で残れるなら最後にバレパンで処理に回れたりするのでできればそっちの方が良さげです。初めて投げつけるハッサムを使いましたがサークル内では少なくとも一切読まれなかったので不利がはっきりしすぎている以外は起点作りとして優秀だと思いました。

 

 

 

最近全ダやってるんですが久々にやると勝てないものですね。リハビリがてら頑張ってます。

 

 

 

では、