あくろのあくろばっと( ..)φ

ポケモンダブル勢のテキトーな記事

【ポケカ】 CL京都6-3 ボルケニオンプテラ

こんばんは、あくろです。

 

f:id:akurobut0919:20190415083555j:image

フウロ可愛い

 

京都行ってきました。ポケカしに。マジで馬鹿。

京都自体のオフレポは多分興味ないと思うので今回CL京都で使ったデッキについてそれなりに細かく書こうと思います。2次募集から1週間ちょっとの短い期間で考えた割にまあまあな成績を残せたので一人50~100回くらい見てくれると嬉しいです。

 

 

デッキ↓

f:id:akurobut0919:20190414223723j:image

デッキコード→gLgnLN-0pg8nK-H6n6LP

フウロのスリーブ買ったかいがあった。映る。

 

 

【経緯】

簡単にボルケニオンプテラを選んだ理由を書きます。

まずプテラを選んだ理由です。シティすら出たことないので初めての大型大会ということであまり尖ったデッキは持っていかず無難に勝てるデッキを持っていこうと思い、最初はタッグチームのどれか、または慣れてるウルネクのどちらかで考えてました。

しかし、いざ考えてみると↓

《タッグチーム》

・ミラーが多い(構築力で負ける)…✕

・メタられやすい(フーパとか)…✕

・非GXにサイドレースで勝てない…△

 

《ウルネク》

・使い慣れてる…〇

・ゾロジュゴンにハッキリと不利をとる…△

・数戦中どっかで致命的な下振れを起こす…✕

 

などとデメリットの方が多く、この2つは使うことをやめました。  

他に使い慣れてるのがルガゾロ(→ゾロジュゴンにする予定だった)、プテラくらいしか無く、ゾロジュゴンは煮詰めるには期間が短すぎるという理由で✕。結果どっかのシティでも結果を残しており、それなりに扱え、サイドレースに強く、1進化GXまでなら鉢巻で圏内にできるプテラを持っていくことにしました。

 

次にプテラの相方決め。そもそもTier1,2辺りとのマッチを考えながら見ていく(一個一個見たけど割愛)と、デッキに欲しい要素として

・HP120以上の種(対ジラサン)

・エネ加速

・対ギラティナ

バリヤード

・リセットスタンプ対策

辺りが挙がりました。

ここで上から2つを見てパッと思いついたのがHP120で後攻の時もエネ加速で捲れるボルケニオンでした。1進化デッキの後攻は基本的にめちゃくちゃ弱いのでこの選択は正しかったと思います。今回は当たらなかったもののジラサンに対してもボルケニオンの存在だけでもかなり有利に立ち回れると思います。

次に対ギラティナ。これはこっちは一発で倒されず、相手はワンパンできるフーパに一任しました。基本的にタンカ込でフーパを使い回すことでワンパンするためにウルネクやギラガブを呼べるのでサイドレースでも有利になりやすいです。

バリヤードはタッグチームを相手にする時に必要不可欠なパーツでした。今回に至ってはラフレシアもそう多くないと思っており、隠密フード入ってるタイプはほぼ切ってましたが、多分サナニンフ単とかには入ってるのでそことのマッチはほぼ負けです。

そして最後のリセットスタンプ対策。大体のデッキに入ってそうなカードだったのでここが1番考えました。まず、デッキ面ではこの枠に当たるカードはジラーチ、ポケギア、巨大なカマドになります。プレイングとしては後半余分にジラーチを残しておく、無駄にポケギアを使わない、先に炎エネをデッキから切らす、といったところです。リセットスタンプ後に1番引きたくないカードはエネルギーなので、どのマッチだろうが早々にデッキから失くすことを目的としました。また、炎の結晶もできる限り手札のエネが使い切れる状態で使うようにしました。今回で分かりましたがリセットスタンプは割とどうにかなりますね。

 

こうして所謂炎プテラ的なのが出来上がりました。めっちゃ簡単にまとめちゃったので何か質問あればTwitterで。

 

以下対戦レポ。

 

 

 

【対戦レポート】

1戦目 vsピカゼク 先 0-6 ✕

先攻取ってよっしゃと思ったものの、サポートが手札になく、いざネストで山を触ってみるとジラーチ×3が丸々サイド落ちしていることが発覚し、その上ポケギア×2でもグズマしかサポートが使えず、全くプテラが立たずに負けました。下振れは置いといてピカゼクの後一フルドライブ法律で禁止しませんか。あれ強い。

 

1試合目終わった後の俺↓f:id:akurobut0919:20190415025437j:image

病んでて草

 

2戦目 vsレシリザ 後 2-0 〇

先一カキをレシリザにつけられたものの、無難にジラーチからスタートでき、何やかんやで1T目に化石×2、メタモンまで用意でき、フレアスターターも使うことができた。殴り続ける体勢が整ったため、バリヤードだけ出しながら化石の牙を撃つだけの試合でした。元々のプラン通りではあるものの、有利マッチとは言えないのでだいぶ精神削られました。ヤドキングとか入れるのは視野かもしれません。

 

ここで東京ばなな回避。

 

3戦目 vsピカゼク 先 0-6 ✕

法律の制定が間に合わないまま不安が残る中ピカゼク相手に初手フーパのみのスタート。

俺「フーパにエネ貼ります。ターン終了で。」

相手「フルドライブ」

俺「対戦ありがとうございました…」

完全にトラウマになったので当分ピカゼクは見たくもないですね。

 

この時点で既にドロップリーチがかかって内心ハラハラでした。

 

4戦目 vsゾロジュゴン 後 2-0 〇

ジュゴンには不利なものの、化石×3、メタモンまで出してプテラを無理やり立て、鉢巻込でゾロとペルシアンをひたすら殴り続けました。原野入りはこっちもワンパンされるので普通にキツイですね。とはいえ、対ゾロはそれなりに有利マッチだと思ってたので一旦ここで気が休まりました。

 

5戦目 vsゾロジュゴン 先 4-0 〇

また同じくゾロジュゴンですが、先攻取っちゃえばジュゴン気にしなくていいので先攻取れた時点で勝ちくらいに考えてました。また、原野入ってないタイプだったらしいのでデッキタイプの時点でかなり有利だったと思います。

 

ここで負け越し回避。ポケサー員からの煽りも回避出来ました。

 

6戦目 vsウルネク 先 4-0 〇

有利マッチ+先攻で勝ちを確信。前にギラティナを必死に出してくるものの、こっちのフーパがワンパン出来なくて仕方なくウルネクを呼んだり、穴抜けグズマでひたすらイカを狩ったりして普通に勝ち。化石の良いところは滅亡圏内入りそうだったら自分でトラッシュできるところですよね。今回あんま関係なかったけど。

 

7戦目 vsエルフーン 後 4-0 〇

対戦中に「嫌だ!!」ってゴネてました。本当に嫌だったんですけど一回だけエルフーンに突入し、コイントスで裏が出てくれたのですんなりワンパン。あとはエルフーン以外を上手く狩って終わり。裏出てなかったらワンチャン負けまであったので上振れ発揮してくれて助かりました。

 

ついでにここでがま口ダメカンケースも当たってめっちゃ上振れ発動しました。応援???に来てくれたはげがブチ切れてました。それを見て俺はめちゃくちゃ笑ってました。

 

8戦目 vsギラガブ 先 4-0 〇

やっと本日初のギラガブ。と言ってもウルネクの時と基本同じ感じで勝ち。超軸相手にする時のフーパがマジで強い。

 

なんか知らんけど8戦で終わりだと思ってたら9ラウンド目って言われてLemonの合いの手みたいな声出た。

f:id:akurobut0919:20190415032351j:image

めっちゃぬか喜びしてるのおもろい

 

9戦目 vsレシリザ 後 0-4 ✕

ここで2回目のレシリザ。先一カキはされなかったものの、サイドにメタモンが落ちており、こっちが上手くプテラを立てられずに殴り続けられて負けました。このマッチはやはりもう少し厚く見るべきでした。予想以上にレシリザが多かった。

 

ここで3敗したので強制ドロップ。最終的な結果は6-3となりました。完走出来なかったのは本当に悔しかったしエスケープボードも欲しかったですが、初戦負けして8-2の知り合いが抜けれてないので1-2を踏んでしまった自分は多分尚更ダメでしたね。1-2からここまで巻き返せただけ自分を褒めたいと思います。

 

 

 

【反省点】

デッキとしての反省点としてまず、レシリザをもう少し厚く見たいので穴抜け→ヤドキングはほぼ確定。また、ジラーチスタート以外があまり安定していると言えないのでジラーチは4でもいいかもしれません。抜くカード含め、ここら辺は調整が必要ですね。

プレイングとしては特に大きなプレミも無く、プレイスピードも8戦目はかなり慎重になりましたが他は5分以上残して終わりました。シンプルなプレイングしか要求されないアグロに近いデッキタイプだったのが特に大きかったです。

 

f:id:akurobut0919:20190415083521j:image

 

CL京都楽しかったのでjcsもエントリー頑張りますᕙ( ˙-˙ )ᕗ

 

 

では、